JR阪和線六十谷駅より徒歩8分、オークワ六十谷店すぐ近くに開院、近隣には学校も多く楠見中学・開智高校・近大付属高校など、足首ねんざの施術も高く評価を頂いております。学生から大人まで腰痛・頭痛・疲労など身体にまつわるお悩みも施術とカウンセリングやセルフケアで症状を和らげ再発しにくい身体づくりが評判を得ています。

RSS

紀伊風土記の丘にて!(^^)


5月4日
和歌山県立紀伊風土記の丘にて、勾玉づくりのイベントに参加させていただきました。

おおよそカットされた石をペーパーで形を作っていく作業で、わりとイメージ通りの仕上がりとなり職員の方にもお褒めの言葉いただきました。(嬉しい(*^^*))

作り始めは、息子と一緒に作業していましたが途中から私が主になり作っていました!子供たちに体験させてやりたいと思い参加したはずが親である私が楽しんでいました!反省(>_<)
 
イベントが始まるまでの間、時間があったので古墳群を見に行くことに、しかし約10分でリタイア!3歳の娘を連れて古墳群を見て回るこの坂道は無理と判断し広場でシートを引き時間つぶし!
 
当院に来院していただいてる方に偶然バッタリ会いました!この方はマラソンをされている方でトレーニングをしに来たらしいです。よく見ると、ご年配の方々もノルディックウォーキングをされている方も多く見かけたと思います。古墳群を見て回るコースはかなり足腰を鍛えるのに良いかもしれません。人間は二足歩行の生き物ですから足に負荷のかかる動きをして、下半身を鍛えることにより身体全体の機能を回復へと導いてくれます。
 
農作業をしている方々は長生する!その理由は足腰が強いからだと言われています。現代人の私たちは生活が便利になりすぎて必要以上に身体を動かす機会がなくなりました。その代償に若くして心筋梗塞などで命を落とす方もいる時代になりました。便利になりすぎるのもどうかと私は思います。
 
正しい歩行を常に意識することで、膝の痛みや腰の痛みは予防できます。日頃から身体の動きを意識することで正しく筋肉を使い筋肉を大きくして血行を促進することで、自ずと身体は良い方向へ傾きます。

この様な内容もふまえて、当院では定期的に会場は転々としますが健康講座を開催しております。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね。
2019-05-07 15:43:34

講座を開催しました!(^^)


5月1日平成から令和へ
記念すべき日に、和歌山市北コミュニティセンターで「正しい普段の歩行とウオーキング」と題して講座を開かせていただきました。ご参加していただいた15名の方々ありがとうございます。
 
そして、今回は岩出に開業されている『ゆう整体院』の藤井先生にもサポートしていただきありがとうございます。

普段から正しい歩行を意識して歩く事で、姿勢も良くなり気分も良くなり相乗効果で身体が自ずとよい方向へ導いてくれます。また、今回は自宅で簡単にできる身体の歪み取り体操もお伝えさせていただきました。熱心にメモをとられる方も居ました!嬉しく思います。

私は、和歌山県和歌山市の健康推進員の一員でもあるので、こうした活動をして和歌山に貢献していきたいと考えます。
 
当院は定期的に講座を開催しております。ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。
2019-05-05 15:11:09

水素吸入キャンペーン開催!


Dr.クロワッサンに、当院が扱っている毛細血管観察器『血管美人』が掲載されました。

オアシズの光浦靖子さんも体験!

雑誌掲載記念!として
水素吸入キャンペーン』開催中!
あなたも、これを機会に水素吸入を体感してみてください。

通常20分1,500円が
40分1,500円で水素吸入していただけます。
もちろん
血管美人を使った手の指先の毛細血管の観察料込み
水素吸入初回の方は、ホース代300円必要となります。
 
予約優先となります。
ブログを見たと、必ず予約時にお伝えください。
1日3名様限定!
期間5月末日まで
 
『水素吸入』詳しくはこちら
『血管美人』詳しくはこちら
2019-04-26 11:28:44

「食後すぐ寝るのはNGってホント!」


昔から「食べてすぐ寝ると体に悪い」「牛になっちゃうよ!」と言われたものですが、本当に食後すぐに寝るのは良くないのでしょうか?という質問を頂きました。
 
まず、食べたものは食道から胃に移動した後、2~3時間くらい胃の中にたまっています。その後、十二指腸~小腸を進みながら栄養素に分解・吸収され、その栄養素は血液を通して肝臓などに運ばれていきます。
食後は内臓の活動が活発になるので、消化吸収を助けるために、胃腸などへの血流を増やしてあげることが大切です。
 
食後すぐに激しい運動などをすると、筋肉や脳に血流が集中し、胃腸への血流が低下して、消化不良を来たしてしまいます。逆に横になると立っている時と比べて、胃腸の血流量が2~4倍に増えるといわれています。
 
食後30分から1時間程度は、あまり動いたりせず、横になって休むのが消化吸収にはいいと考えられます。
 
しかし、完全に横たわってしまうと、強い酸性である胃酸が食道に逆流して、粘膜が炎症を起こし、『逆流性食道炎』になりやすくなります。上半身を少し起こした状態で休むのが理想的です。特に高齢の方にはおすすめです。

~どうしても横になりたいときは~
胃もたれがひどく消化促進したいときは右下向き
胸やけ解消なら左下向き
になるのがいいでしょう。
 
では、食後横になり深い眠りに入ってしまうのはどうでしょうか?
 
睡眠時は副交感神経(リラックス)が優位となり、臓器の活動も休んでしまいます。食べ物が入ってこれから消化吸収しようとしている時に、睡眠状態でいると、消化不良や吸収不良などになってしまいます。また翌朝、体が硬い重いなど前日の疲労が抜けず疲労蓄積にもなりかねません。

現代人は時間に追われる事が多くありますが、食後ゆっくりできる時間が少しでもあれば(特に夕食後)、上半身を起こし休んでくださいね。完全に眠ってしまうのはNGといえます。
2019-04-19 11:14:50

『太陽の力で症状が改善?』


最近、だいぶ暖かくなってきて外に出る機会も増えてきたと思います。 

私も空いた時間があれば外に出て太陽の光を浴びたりしています。 

そこで思ったのが「太陽の光が気持ちよい!」 

私は日頃院内にいることが多くあまり日に当たることがありません。 

しかし、日光に当たることは健康にもつながってきます。 

今日は太陽の光を浴びることでどんな効果があるのか説明していきます。 

皆さんも既に知っていると思いますが、太陽の光を浴びることによって体に良い影響が出ます。 

まず有名なのは体内時計を整えることです。太陽の光を浴びることによって、体内時計がリセットされ日中の活動性があがり、運動効率が上がります。また、夜メラトニンの分泌が促され睡眠の質を上げることができます。 

2つ目にセロトニンが分泌される。セロトニンは感情や気分のコントロール、精神安定に深くかかわっています。セロトニンが不足すると脳の機能の低下が見られたり、心のバランスを保つことが難しくなります。さらにストレス障害やうつ、睡眠障害の原因にもなります。 

3つ目はビタミンDが生成される。ビタミンDはカルシウムの再吸収を促します。体内の電解質に影響し運動能力にも関わります。 


太陽の光を浴びることが少なくなった現代人ですが、意識して光を浴びることによって活動的に日中過ごすことができ、夜質の良い睡眠をとることができます。 

私も院内に引きこもりがちですが、痛みのある患者さんも痛みにより活動量が減ってしまい、より症状を過敏にさせてしまいます。 

痛くてどうしても動けないという人には日々窓際で日光浴をしてもらうとセロトニンによる鎮痛効果も期待できます。 

それだけで症状が劇的に変わるかもしれません。 
2019-04-15 14:53:15

前へ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ