JR阪和線六十谷駅より徒歩8分、オークワ六十谷店すぐ近くに開院、近隣には学校も多く楠見中学・開智高校・近大付属高校など、足首ねんざの施術も高く評価を頂いております。学生から大人まで腰痛・頭痛・疲労など身体にまつわるお悩みも施術とカウンセリングやセルフケアで症状を和らげ再発しにくい身体づくりが評判を得ています。

RSS

すこやかフェスタ


3月10日(日)
『しあわせ工房』の坂上先生を招き
院内で『すこやかフェスタ』を開催しました。
内容は、ハーバリウムやアロマワックスサシェやアロマワックスカップなどを作っていただくイベントでした。午前・午後と分け総勢子供たちも含み17人のご参加となりました。ありがとうございます。

整体院でなぜこの様なイベントをするのか?
◆一つは思考能力を豊かにする
自分でどの様な物を作るか、色合いやデザインなど頭を使い、あーでもない・こうでもないと考えイメージをしながら作りあげていく。考える力
 
◆二つ目は指先を使う
作るものにより、細かな作業となります。瓶に花を詰めるにしても特殊なピンセットを使い詰めていく作業!オイルを入れた時に浮かない様に上手に指先を使い詰めなくてはなりません。指先を使う事は、脳への刺激になります。
 
◆達成感と満足感
自分の手で作ったものは特に大事にしますよね?イメージして、どんな物に仕上げるか考え、手を進め仕上げていく、ハーバリウムは容器(ビン)の中にオイルが入る前と入れた後では、かなり見栄えが変わる!今回私も初めてハーバリウムボールペンを作り、そう感じました。ご参加された方々から、楽しい!当日に、これも作りたい!
などの、お声も出て満足感や達成感で満ち溢れていました。ストレスの緩和

今後もこの様なイベントを考えています。
当院に来院されていなくても、ご参加大歓迎!
今後の予定決まれば、ブログに投稿いたします。


2019-03-12 17:34:32


先日、淡嶋神社の雛流しを初めて拝見させていただきました。



淡嶋神社は医薬の神様。
特に女性の病気回復や安産、子授けなどに霊験あらたかと言われています。宝物殿には、紀州徳川家から姫君誕生の祈りに初節句に一対のひな人形が奉納され、今もなお残っているそうです。貴重です。

仕事柄、来院される方は女性が多く、その方がたの健康回復のお参りと義理の妹の出産のお参りもさせていただきました。

またまた、仕事柄、人間観察させていただき、この方は膝、この方は腰が痛いなどを観察し、この様に歩くと今より楽に歩けるのに!こうすると腰痛を防げるのにと考え、私なら施術はこうするなどといった事を考えて歩いていると段差でつまずきました。

初めての雛流し拝見でき良かったです。

2019-03-05 09:30:09

「ぬけぬけ病」って何なの?


〔ぬけぬけ病〕とは?
まず、はじめに言葉の意味からお伝えします。
ぬけぬけ病というのは、陸上の長距離界では誰もが知っているほど有名な、マラソンランナーや駅伝走者の足をおそう病気のことです。

第94回箱根駅伝で、駒沢大学の工藤有生選手が、フラつきながらなんとか最後まで走りきりましたが、あの時のように「原因不明の足の脱力感のせいで普通に走るのも困難になってしまう」のが、ぬけぬけ病のおもな症状です。
 
◆ぬけぬけ病は別名で呼ばれる事も◆
具体的には、以下の8つを挙げることができます。
 
1.       かっくん病
2.       ローリング病
3.       足に力が入らない病気
4.       足抜け
5.       抜け症
6.       ランナージストニア
7.       周期性ジストニア
8.       イップス
 
ただ、ぬけぬけ病という呼び名は医学的には正式な名称ではなく、あくまで陸上の長距離ランナーの間で呼ばれている通称でしかないと言う事です。
 
ぬけぬけ病の原因ってなんなの?〕
ぬけぬけ病の主な原因は、腸腰筋(=股関節を曲げるのに最も重要な筋肉)の筋力が落ちてしまったことであり、症状を改善するにはランニングフォームの見直しや体幹の強化が必要となります。

ぬけぬけ病の症状の兆候としては、
以下のようなものを挙げることができます。
 
・足に力が入らなくなる
・膝(ひざ)に違和感を感じる
・股関節(こかんせつ)がムズムズする
 
「ぬけぬけ病は治りにくい」という症状の1つ
なぜなら、オーバーワーク(練習のしすぎ)も原因の1つと私は考えています。
陸上の長距離ランナーは体力や精神面、ある意味では孤独な競技となり、自分に打ち勝たなければと追い込む競技とも言えるでしょう!そのため、自分の限界を超え日々過酷な練習を行う大変な競技ともいえます。
 
ぬけぬけ病の症状ってどんな感じ?〕
ぬけぬけ病の主な症状は、以下のとおりです。
 
1.       いつもどおりの生活をしていて急に足の力が抜ける
2.       自分の意識と下半身の動きにズレがあり思ったとおりに動けない
3.       歩いたり走ったりしている最中に膝が抜ける(=自分の膝じゃないような感覚におちいる)
 
これらの症状のなにが怖いのかというと、そのまま何の対処もせずに放置していると、身体の重心がどちらか一方に偏ってしまったり、下半身以上の部位へ負担がかかってしまったりとうい結果になり、最終的には膝の痛み坐骨神経痛または、腰痛といった長距離ランナーを諦めざるを得ない症状へと発展してしまうかもしれないということ。
では、
 
ぬけぬけ病の治療ってどうやるの?〕
現時点においてはぬけぬけ病の明確な原因は不明のため、病院では決定版と言えるような治療方法は見つかっていません。

当院では症状を和らげ改善へと導く方法として
「カカトの調整~股関節の調整」
「腸腰筋などにアプローチし筋肉を弛緩」
「歩き方や走り方のフォームの改善」
「体幹および筋力の強化」
などを行います。
また、そういった肉体的なアプローチとは別に、精神的なアプローチ(=ポジティブな考え方で症状と向き合う)ための指導もさせていただいております。
 
精神面の指導で重要なのは、ぬけぬけ病になっている足の部位に意識がいきすぎないようにしていきます。
 
もし、あなたも含め身近な人がぬけぬけ病になってしまったときは当院にご相談ください
2019-02-19 18:53:35

当院で講座を開催しました。



2月17日(日)当院で足ほぐし講座を開催しました!(^^)

この寒い時期は足先が冷える!冷えが原因で腰痛を引き起こす時も多くあります。

今回の講座では、ご自宅で足のケアをしていただけるように一人一人私が指導させていただきました。覚えていただいたことを、定期的に行っていただく事で腰痛改善や冷え症改善へと導きます。

ご参加していただいた方々には、ご自身の足がどうなっているのかが理解していただいたと思います。日々健康に対しての意識を高めていただければ幸いです。はじめて、会われた方どうし和気あいあいと話しされていたのを拝見し嬉しく思いました。参加していただいた方々お時間を作っていただきありがとうございました。m(__)m


すこやか整体院では、今後内容は異なりますが健康に対しての意識を高めていただきたく講座を定期的に行っていきたいと考えております。ご興味を持たれた方は(*^-^*)是非当院にご連絡いただけると幸いです。
2019-02-18 13:30:05

体内リズムを整える


寝起きの時間帯はできるだけ同じにしましょう!

日々の睡眠不足を取り戻そうと、休日に寝だめをしている方もいると思いますが間違い!こうした生活を続けていると「体内リズム」が乱れ、かえって体に悪い影響を与えてしまいます。

人には約24時間周期の体内リズムが備わっており、朝に目が覚め夜に眠くなる、体温や血圧も変化します。リズムは光をいつ浴びるかで変わります。朝に光を浴びるとリズムが早まり、夜に浴びると遅れて夜型化する。体内リズムの周期は24時間より少し長いため1日の長さとずれがあり朝に光を浴びることでリセットされています。

「現代人は職場や自宅など同じような明るさの中で過ごす時間が長い。光のメリハリがなく、体内リズムが乱れやすい」特に青色を多く含む光はリズムに強く作用すると言われています。

休日の朝寝坊や休日前の夜更かしで、寝る時間や起きる時間が平日とずれることでもリズムは乱れます。こうしたずれは「社会的ジェットラグ(時差ぼけ)」と呼ばれ、心身に影響を及ぼすこともあります。

海外の研究では、ずれが大きくなると肥満になりやすく、2時間以上のずれがあると抑うつ状態が強くなると言われます。週末に朝寝坊する人は、翌週前半の疲労感や眠気が強く出るという報告もあります。

では、体内リズムを整えるにはどうすれば?
平日も休日もできるだけ同じ時間帯に寝起きする事が大切になります。睡眠時間は人によって違いがありますが、大人の場合、普通なら7時間以上必要とされます。「休日に寝だめをしている方は、20分ずつでも平日に割り振る工夫をしてみてください。」

朝起きたら、まずカーテンを開けたりベランダに出たりして朝日を浴びる!(^^)朝食をしっかりとる、適度に運動するほか、昼に10分~20分ほど座った状態で目を閉じるのもお勧めです。夜には、湯船でリラックスして深酒はしない、照明は落とし気味にする、スマホやパソコンの使用は寝る1時間前にはやめる、といったことを心掛けてみても良いかもしれません(*^-^*)

睡眠障害など、寝つきが悪い、夜中に目が覚めると眠れない方等おられましたら、一度当院にご相談ください。
2019-02-13 12:22:49

前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ