JR阪和線六十谷駅より徒歩8分、オークワ六十谷店すぐ近くに開院、近隣には学校も多く楠見中学・開智高校・近大付属高校など、足首ねんざの施術も高く評価を頂いております。学生から大人まで腰痛・頭痛・疲労など身体にまつわるお悩みも施術とカウンセリングやセルフケアで症状を和らげ再発しにくい身体づくりが評判を得ています。

RSS

快養整体院の講演会に参加しました!


1月20日㈰、和歌山市土入にあるプライベートスペース縁(えにし)さんで快養整体院の木本先生の講演会が行われ、参加してきました(^^)

木本先生は足首のねじれ・ゆがみについてお話され、参加者は納得の連続でした。
実際、体に触れて検査をし少し触れるだけで痛みが和らぎ「え~っ!!」とビックリの声も!!

ねじれ・ゆがみがとれると快適な生活を送る事ができ、心身ともに楽になります♪

講師の木本先生が開発された「かんしんソックス」を履くと良くなった状態が長続きし持続できます。
靴の中に入れるインソールだと靴を履かない家の中等ではまた元に戻りやすい状態になってしうので、家の中外関係なく常に履いている靴下に目をつけ開発されました。

このような説明会や体験会も随時行っておりますので、ご興味のある方は是非(*^_^*)

当院でも、ねじれ・ゆがみの検査を行いかんしんソックスの販売しております。







2019-01-21 10:47:12

朝日新聞の和歌山欄に!


当院でも取り扱い販売している
☆★☆かんしんソックス☆★☆
かんしんソックスを開発された 木本先生 が本日の朝日新聞の朝刊に掲載されました!!

私も実証済の【かんしんソックス】→実証のお話しは来院された時にでも!?(笑)
かんしんだけに関心をもたれた方は当院または快養整体院(073-453-5678)までお問合せ下さい(*^^*)

身体に関してのお悩みや、かんしんソックスについてもっと詳しく知りたい方等に説明会や体験会も行ってますので是非一度参加していただけたら(^^♪と木本先生はおっしゃってます。

2019-01-19 11:39:43

~消防の出初式~


先日はじめて、消防の出初式を見に家族で行ってきました。

ミスチルの曲をバックに、色々な放水のパターンやレスキュー隊員の綱渡りなどを息子を肩車しながら拝見させていただきました。感動!そして日々街を守っていただいてる消防の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

消防隊員の方々ありがとうございます。

2019-01-15 13:57:56

転びやすい・ケガをしやすい子供たち!


バランスが悪い身体「子どもロコモ」かも!?
「子どもロコモ」という言葉を知っていますか?
片足立ちができなかったり、しゃがみ込みができなかったり、そんな子供たちが増えています。

体が硬かったり、バランスが悪かったりする状態を「子どもロコモ」と言うそうです。体が硬いと関節が十分に曲がらず、ケガのリスクが高くなります。このまま大人になると運動器(骨や筋肉、関節など)の不調になりかねません。子供の頃からの対策が重要となります。

文部科学省の調査によると、子供の運動習慣は、「積極的に運動する」と「ほとんどしない」の「二極化」が進むと言われています。これらは、クラブ活動など同じスポーツで特定の筋肉や関節ばかりを使ったり、ゲームで同じ姿勢を続けたりすることにつながり、「どちらも子どもロコモやケガのリスクを高める」といいます。

クラブ活動では、週に一度はクラブ以外の運動を取り入れる、また、小学生までの子供さんは「全身を使う外遊びができる環境」で過ごすなどが重要となります。

そこで、自宅で「子どもロコモ」チック!


①片足立ちが、ふらつかず5秒以上できない
②カカトを地面につけたまましゃがみ込みができない
③バンザイした時、腕が耳の横または耳の後ろまで挙がらない
④ひざを伸ばしたまま、体を前にかがめて手の指が床につかない
一つでも当てはまれば、子どもロコモの疑いがあると言われています。

放置すると、勉強などに影響する場合もあります。
当院にお越しの男子高校生は当初、「長時間まっすぐ座れず、勉強してもすぐに寝てしまう」状態でした。そこで、腰の柔軟性を上げるストレッチなどの指導をし、毎日お風呂上がりにしてもらう事にしました。するといつの間にか、「しゃがみ込みの動作ができるようになり、疲れにくくなり、勉強の集中力も続くようになった」とお声を頂きました。

~質問します~
お子様がハイハイしている時期が短く、早く立ち上がり歩くようになったと思う親御さんはいませんか?
思い当れば、一度当院にご相談ください。
2018-12-28 12:17:01

【水素】と【活性酸素】の秘密


そもそも活性酸素って何?
老化や病気の一因として耳にする『活性酸素』。

生きていく為に酸素を吸っている私達は、活性酸素によって〔酸化=老化〕とは切っても切れない縁があります。
活性酸素は、環境汚染(排気ガス・放射線・紫外線・水質汚染・大気汚染)、異物混入(細菌・ウイルス・カビ・タバコ)、激しいスポーツ、ストレス、病気などの影響によっても体内で大量に発生します。



水素が抗酸化物質の中でも優れている訳は!
一般的にビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールなどの酵素を多く含む「抗酸化食品」を摂る事で、活性酸素を減らせる事は有名ですが、それらの食品は全ての活性酸素と反応するので、身体に必要な善玉活性酸素まで減少させてしまいます。

水素が他の抗酸化物質と最も違う点は、善玉活性酸素には反応せずに悪玉活性酸素とのみ反応して無害な水(汗・尿)に変わる事です。更に他の抗酸化物質は分子が大きいので脳の中に入る事ができませんが、水素は最も小さな分子なので、脳のフィルター(関門)までも通過して脳の中にまで入っていけます。水素は水にも油にも溶けるので、脂質の細胞膜を通り抜け、細胞内にも入れます。

水素は厚生労働省からも認められており、悪玉活性酸素と反応しても無害な水(汗・尿)に変わり体外に排出するので摂り過ぎても身体に害はあません。水素が悪玉活性酸素を除去出来ることで、医学者や化学者が老化や病気の治療や予防に役立てられないかと研究が進められています。


なぜ、水素は身体に害のある活性酸素だけを取り除くことが出来るのでしょうか?
活性酸素には、「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」の2種類があります。
✦善玉活性酸素(スーパーオキシドなど)は、外部から入り込んだ細菌・カビ・微生物などを殺菌・除去する役割を持っていて、神経伝達や血管新生、免疫力向上などで生命維持に必要なものです。

✦悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカルなど)は、非常に強い酸化力で酸化させて細胞に損傷を与えて身体を酸化=老化させ、病気や老化を促進させる悪い活性酸素です。

この善玉と悪玉の活性酸素には性質の違いがあり、その違いが水素と関係してきます。善玉活性酸素と水素は同じ球体で、お互いに反応しない性質を持つのに対し、悪玉活性酸素はギザギザしていて吸着力が強く水素と反応しやすい性質を持ちます。吸着力の強い悪玉活性酸素のみ水素が反応して無害な水に変え体外に排出出来るのです。

※水素水について
水素の粒子は非常に細かくて、ペットボトルやプラスチックも通り抜けてしまいます。アルミ容器でも一度口を開けてしまうと空気(酸素)に触れてしまい還元して、ただの水に変わってしまいます。水素水を飲むのであれば口を開けたら、すぐに飲み切ることをお勧めいたします。

※水素吸入につきましては、当院のホームページ「施術の内容・流れ」のところに当院が取り扱っている水素吸入のコーナーをご覧ください。







2018-12-20 13:11:31

前へ 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ